安心価格で外壁や屋根のちょっとした部分補修(ワンポイント補修)も承ります。

外壁や屋根の全面補修や塗り替えを依頼すると100万円を超える大きな出費になってしまいます。長く住める家に保つことを考えたら定期的な補修も必要ではありますが、「今はできるだけ出費を抑えて最低限の補修を行いたい」というお客様のニーズにお応えして外壁・屋根(その他付帯部分)の部分補修(ワンポイント補修)を行っております。
明朗会計で細かく価格設定しておりますので、下記をご覧ください。
下記にない部分補修(ワンポイント補修)も承っておりますのでご相談ください。

汚れ・苔・カビの清掃

  • 外壁・屋根の汚れやカビ

    原因

    塗膜の劣化により親水性が落ち、外壁に水が滞留して汚れが付着しやすくなります

    補修方法

    業務用高圧洗浄により汚れ・苔・カビを綺麗に落とします

    料金

    外壁1面4,000円〜(足場がない状態)
  • ベランダ床の汚れ

    原因

    塗膜の劣化により親水性が落ちたり、リフォーム工事の不具合により水はけが悪くなり汚れ・苔が付着します

    補修方法

    業務用高圧洗浄により汚れ・苔を綺麗に落とします

    料金

    高圧洗浄 3,000円〜 トップコート塗り替え20,000円〜
  • 駐車場の汚れ・苔

    原因

    塗膜の劣化により親水性が落ち、外壁に水が滞留して汚れが付着しやすくなります

    補修方法

    業務用高圧洗浄により汚れ・苔・カビを綺麗に落とします

    料金

    7,000円〜

外壁周りの部分補修

  • 外壁のひび割れ

    原因

    モルタル壁・ALC壁は地盤の揺れや、紫外線劣化などの自然な劣化で割れが生じます

    補修方法

    コーキングを打ち直します

    料金

    2mm以内のひび割れ 3,000円/1箇所(高さ2m以内、足場が保てる箇所) 高さ2m以上のひび割れ、足場が不安定な箇所については別途お見積りをさせていただきます
  • サイディング釘周りのヒビ

    原因

    サイディングの紫外線による劣化や地盤の揺れにより水を含んだり・反ってしまうことで釘周りにひびが入ります

    補修方法

    コーキングでひびを補修します

    料金

    1,000円〜
  • タイルの剥落

    原因

    地震や地盤の揺れがタイルの剥落に繋がったり、タイルの目地から水が入り込むことで剥落することもあります

    補修方法

    剥落したタイルを張り替えます

    料金

    タイル張り替え工事3,000円〜/枚+タイルの材料費
  • 給湯器・室外機裏の塗装

    原因

    前回塗り替え時に未塗装部分が、給湯器室外機を交換した際に表に出てきてしまいます

    補修方法

    塗り替えした塗装色に近い色で塗装を行います

    料金

    給湯器・室外機裏の塗装工事 10,000円〜
  • 窓周りサッシの雨漏り

    原因

    シーリングの破断や外壁のひび割れが原因で雨漏りに繋がりやすい箇所です

    補修方法

    サッシ周りのシーリング、外壁ひび割れの補修

    料金

    サッシ周りのシーリング打ち直し 9,000円〜 外壁ひび割れの補修 3,000円/1箇所
  • 基礎のひび割れ汚れ

    原因

    地盤の揺れによりひびが入ったり、表面の劣化により破断します

    補修方法

    ひび割れの場合モルタル塗りつけ、コーキングによる部分補修を行います

    料金

    基礎ひび割れ補修 1,000円〜/箇所

屋根周りの部分補修

  • 雨樋補修

    原因

    ゴミが詰まったり、勾配が取れていないことで雨水が流れなくなったり、紫外線劣化や雪による重みで沈んで変形します

    補修方法

    雨樋の修理・交換を行います

    料金

    雨樋修理 5,000円〜 雨樋交換 30,000円〜
  • 屋根の破損・かけ

    原因

    強風などの外的要因や素材の劣化により屋根が欠けてしまいます

    補修方法

    コーキングもしくは接着剤で破損した屋根を繋ぎ合わせる

    料金

    屋根の補修価格 15,000円〜
  • 屋根のひび割れ

    原因

    強風などの外的要因や屋根材の劣化により屋根が欠けてしまいます

    補修方法

    ひび割れ箇所をコーキングで補修します

    料金

    屋根の補修価格 5,000円〜

その他の部分補修

  • 電気カバー割れ

    原因

    風雨にさらされ経年劣化することでひびが入りやすくなります

    補修方法

    電気カバーを交換

    料金

    電気カバー交換工事3,000円+商品代
  • エアコンカバーの交換

    原因

    紫外線による経年劣化でエアコンカバーが反ったり、外れてしまうことがあります

    補修方法

    エアコンカバー交換・テープの巻き直しを行います

    料金

    エアコンカバー交換工事5,000円〜+材料代 テープの巻き直し 1,000円/m(端数繰り上げ)
  • カーポートの破損

    原因

    紫外線により劣化が進む、さらに台風などの強風により破断・破損します

    補修方法

    新しいカーポートに交換します

    料金

    カーポートの交換 20,000円〜 カーポートの形状・素材により金額が変わります
  • シャッター/ドアの不具合

    原因

    何度も開け閉めすることでネジの緩みなどで建て付けが悪くなり開きづらい・閉めづらくなります

    補修方法

    建て付けの悪いドア・シャッター・窓の歪みを直すなど調整を行います

    料金

    15,000円〜
  • ブロック崩れの修理

    原因

    車がぶつかることによる崩れが多い、他にも地震や車の振動によって地盤が振動し崩れることがあります

    補修方法

    崩れ・破損部分を補修するか、崩れが大きい場合は新たにブロックを組み直します

    料金

    20,000円〜 ブロックが崩れてしまっている場合はご相談ください。

屋根・外壁は全面補修と部分補修のどちらがいいのか?

築年数が経ち目視でも外壁のヒビや屋根の割れが確認できるようになってきた場合補修・塗装などのメンテナンスを考えなくてはいけません。
とはいえ屋根・外壁の全面補修となると100万円を超える費用となることもあり、ご家庭の事情によっては今は部分的な補修でしのいで出費を減らしたいということもあるかと思います。
ここでは全面補修と部分補修のメリット・デメリットをお伝えし、皆様がどちらを選択するべきなのかの判断の一助になればと存じます。

屋根・外壁の全面補修のメリット・デメリット

  • 全面補修のメリット

    1.長期的にメンテナンスの心配をしなくて良くなる

    全面補修・塗装や屋根カバー工法を行うと正しく施工すれば10~15年は補修の心配をしなくて良くなります。今後も数十年住むor子供夫婦に家を譲るというように長期的に考えると全面補修を行うことをおすすめします。

    2.無駄な足場代が掛からない

    屋根・外壁の全面補修・塗装を一度にやることで一回の足場代で済みます。屋根・外壁を部分補修で別々に行うと足場代が都度掛かってくるので、無駄なコストが掛かってしまいます。
  • 全面補修のデメリット

    1.高額な費用が掛かる

    全面補修を行うとどうしても100万円前後は掛かってしまいます。訪問営業で屋根や外壁の劣化を指摘されたものの、全面補修の費用を用意するのが難しいという方がよくご相談に来られます。

    2.必要のない部分まで補修される場合がある

    業者側は全面補修・塗装の仕事をとりたいというのが本音です。全面補修はまだ補修の必要がない箇所への補修・塗装代も取られてしまうので、無駄な費用と言えるかもしれません。

屋根・外壁の部分補修のメリット・デメリット

  • 部分補修のメリット

    1.補修コストを抑えられる

    全面的に劣化していなければ部分補修で十分ですし、費用を大幅に抑えることができます。部分補修を行う際は屋根・外壁全体の状態をチェックしてもらって何年後に全面補修をしようという計画を立てることをオススメします。

    2.本当に補修が必要な箇所だけ補修できる

    雨漏りに繋がりそうな箇所だけを補修することでコストだけでなく工期も短縮することができます。また弊社の場合、補修が必要な理由を細かく説明させていただくので、ご自宅の状況を詳細に把握していただくことができます。
  • 部分補修のデメリット

    1.無駄な足場代が掛かる場合も

    足場をかけずに補修できる場合ならいいですが、足場が必要になるような現場ではのちの全面補修と合わせて2回足場をかけることになります。今回全面補修を行う場合と部分補修でつなぐ場合の将来的なコストの比較をすることをオススメします。

    2.あくまで繋ぎの補修である

    部分補修はあくまで一時的な対応策となります。そのため今後20~30年住む予定がある場合は全面補修をオススメします。

全面補修・部分補修の費用の違い

建坪30坪の戸建ての場合

【部分補修】

外壁のひび割れ 3,000円/1箇所
屋根のひび割れ 5,000円~

【全面補修】

全面塗装(モルタル造) 100~115万円(足場代込み)
外壁サイディングカバー工法 150万円
150万円 70~80万円

塗装業者は全面補修を進めたがる

塗装業者は基本的に全面塗装・補修をすすめてきます。

もちろん全面塗装・補修が悪いという訳ではなく、お家の状況にとってはやはり全面的にやらないと持たないという場合もあります。

ただ、お客様にとって出費の理想的なタイミングがあるでしょうし、必要のない補修や塗装まで行うのは私たちのポリシーに反します。

現地調査をさせて頂いて、お客様の今後のご自宅に対する計画を伺った上で最低限かつ最適なご提案をさせていただきます。

屋根・外壁 部分補修の施工事例紹介

弊社で行なった部分補修の施工事例を費用込みで紹介させて頂きます。現地調査を行なった結果、お客様の要望を踏まえて、部分補修に留め補修費用を抑えたケースとなります。

CASE1 雨水がつたって腐食が進んだ軒天の部分補修

このケースでは屋根の軒天と破風板の補修を行いました。屋根点検のご相談を頂き現地調査を行なったところ、軒天の腐食が進み釘も抜けそうな状況でした。軒天のベニヤを剥がしたところ下地の木材は腐食が進んでいなかったため表のケイカル板のみの張り替えを行いました。

軒天張り替え工事費 30,000円〜

  • Before

  • After

CASE2 波板の張り替え工事

波板が強風によって吹き飛んでしまったというご相談を承りました。現地調査を行なったところ、屋根・外壁に補修を要する箇所はなかったため、波板の張り替え工事のみをご提案しました。
雨どいに泥が詰まっており水の流れが悪くなっていたので雨どいの清掃はサービスで行わせて頂きました。

波板の張り替え工事費 60,000円〜70,000円(材料費込み)

  • Before

  • After

サービスで行なった雨どい清掃

CASE3 ベランダ補修工事

ベランダの劣化がきになるとご相談いただき現地調査を行なったところ、トップコートが剥がれておりFRP樹脂が紫外線にさらされて劣化している状況でした。FRP層を作り直し、トップコートでコーティングを行いました。
防水性の向上はもちろん美観も新築時のように綺麗になったととてもお喜びいただきました。

ベランダFRP防水工事費 90,000円

  • Before

  • After

CASE4 外壁クラック補修工事

外壁材(パワーボード)にクラックが発生しておりました。クラックを放置すると水が入り込みボロボロに劣化してしまいます。クラックは一部で見られたため、部分補修で補修を行いました。

外壁クラック補修工事(1箇所)10,000円

  • Before

  • After

予算に合わせた外壁・屋根補修計画を
一緒に立てましょう。

リフォまるでは外壁・屋根の見積もりを一方的にお出しするのではなく、「今は部分補修で抑えて、2年後に全体の補修メンテナンスを行いたい」などお客様のご要望に合わせた今後のメンテナンス計画を立てるお手伝いをいたします。

「今契約したらOO万円引き!」と契約を急がせるような営業もありますが、可及的速やかに対応しないと危ないという場合を除いては、お客様の将来のプランニングに合わせてじっくり考えられることをお勧めします。

私たちは、地元埼玉に密着してお客様と末長くお付き合いできる会社でありたいと考えております。

「トータルのコストを抑えつつ、最も長く家を元気に保たせる方法」を一緒に考えていきましょう。

対応エリア

さいたま市・春日部市・越谷市・草加市・八潮市・川口市・上尾市を対象としています。お気軽にお問い合わせ下さい。