玄関ドアって交換必要?お家のドアの話

埼玉県を中心に、外壁・屋根塗装から室内リフォームまで、お家のお悩みなら何でも解決する株式会社リフォまるです。

ドアの交換なんて考えたことがなかった・・・。

最近の玄関ドアもさらに進化し、様々な機能のものも出てきています。
ドアはずっと使うイメージがあるかもしれませんが耐用年数も存在しますので新築を買った方なら一度はドア交換を経験なさると思います。

ドアなんて閉まれば問題ないという方もいるかと思いますがより快適に過ごせるように進化しているドアを一緒に見ていきましょう。

西洋風ドアの普及

近年よく見る西洋風のドア、この文化が根付き始めたのはいつなのでしょうか?洋風建築物の増加とともにドアと錠前の需要が高まってきました。これが1868年から1912年の頃です。昭和に入ると輸入だよりだった鍵穴のある錠(シリンダー錠)の開発が国内で進みましたが第二次世界大戦の影響でその発展は足止めされました。戦後間もない1955年、高度経済成長期に入ると、簡単にドアに取り付けられる円筒錠がたちまち普及します。
シリンダー錠
1970年には団地などの増加でより防犯性の高いドアが必要とされてきました。またデザインも多くなり昭和40年代広範囲はシリンダーケースロックという錠が流行します。
シリンダーケースロック
現在では磁気カードやテンキー方式の錠などセキュリティ性の高い仕組みが出てきています。IoT:Internet of Things(モノのインターネット)なども益々盛んになり、今後のドアや錠も進化していくかもしれません。

これからさらに住宅用にセキュリティの高いドアや錠が出てくるかもしれませんね。

玄関ドアの交換時期

セキュリティの高いドアと言ってもまだまだ古いものが多いのは事実です。

このような昔ながらのお家のドアを見かけることがありますがやはりセキュリティについては少々心もとないですよね。
古いタイプの引き戸

隣近所も見た目に不揃いなければ正直気にもしないかもですが、綺麗なお家が建て並ぶ所でしたらやはり見た目も気になるところです。

また玄関ドアには耐用年数というものが存在します。

マンションの玄関ドアは25年・アルミ製は20~30年・木製は15年~20年・引き戸の戸車3~4年くらいです。

隙間が少しくらい空いていてもまぁ閉まれば大丈夫と安心しないでください。隙間の生じたドアは、部屋の温度が一定に保てなかったり結露の原因になることによってカビが発生しお子さんがいらっしゃるご家庭はアレルギーの原因にもなりかねません。また防犯上でも危険です。空巣の約2.6%が工具等を用いて無理矢理玄関ドアをこじ開ける手口を使っています。隙間ができていましたら修理またはドアの交換を是非ご検討ください。

ドアの進化

セキュリティの高いドアや断熱ドアなどさらに高度なドアが出来てきています。せっかくドアを交換するならどのようなドアがあるのか見てみましょう。

採光・通風ドア

採光・通風ドア
参考:株式会社LIXIL

初めて聞く方も多いかと思います。ドアを閉めたままにしておいて、雨の日はもちろん雨の次の日までじめじめするなんてよくあることですよね。この採光・通風ドアならしめたままでも自然の光と風を玄関に取り入れることが出来ます!ただし玄関に窓があるお家は特に必要ないという方もおられるかもしれませんので住宅次第で大きいメリットになりそうです。

高断熱性能ドア

高断熱性能ドア
参考:株式会社LIXIL

日当たりのよい玄関や1日中影になる玄関の場合、高断熱性能ドアが良いかもしれません。外気がお家の中に伝わりにくく、冷暖房が効率よくお部屋の中に効き快適に過ごすことが出来ます。

電気錠ドア

電気錠ドア
参考:株式会社LIXIL

いちいち鍵を出すのが面倒、子供がいて買い物帰りは大変という方も多いですよね。そんな時に電気錠ドアだと楽々です!ポケットに鍵がある状態だとタッチで空いたり、かざすだけで開閉ができます。

最新の玄関ドアは見た目はもちろん機能も充実しています。家の顔ともいえる玄関なのでご自分の生活スタイルにあったものが見つかるとよいですね!

ドアを変更して運気を上げよう

ドアで運気?という方もいるかと思いますが、どんなドアがいいのだろう、どういうデザインが良いのか迷ったときは風水の考えでドアの雰囲気を決めるのもありです!

風水イメージ

風水とは開運のための環境学です。「環境が運を決める」というのが風水の基本的な考え方です。ドアを選ぶ参考になればと思います。

風水の中でも玄関はとても重要と言われています。その中でもドアは広い面積を持ち重要な部分です。方角別にドアの色を合わせることで運気をパワーアップさせることが出来ます。

基本玄関の向きは家から外に出て玄関を背にした時の向きが玄関の方角になります。お家の玄関の向きを確認して下記を読んでき行きましょう。

北玄関-赤や暖色で温かみをプラス-

赤イメージ
北の玄関は日当たりが悪く暗く冷えることが多いので陰の気が強いのが特徴です。そんな北の玄関は赤やオレンジなどの暖色系で温かみをプラスして運気を挙げることが出来ます。

北東の玄関-運気を上げる清潔な色をプラス-

清潔な色イメージ
北東は鬼門を呼ばれ鬼門からの流れはトラブルに巻き込まれやすくなる運勢です。そんな北東は清潔に保つことで影響を受けづらくなります。ドアの色は白などの清潔な色をプラスすると運気が上がります。

東の玄関-もっと運気を呼ぶ色をプラス-

水色イメージ
東の玄関は吉方位です。発展をもたらす運気なので仕事運や対人関係で良い運勢を運んでくれます。そのままでもよいですができるならもっと運気を運んでくれる色を選びましょう。東の玄関はお仕事の運気を運んでくれる水色やライトグリーン日差しが入りづらい場所であれば赤系でもOKです。

南東の玄関-縁が舞い込む運をもっとプラス-

ライムグリーンイメージ
南東は縁に関する運が最高の方位です。縁に恵まれる運の流れを自分のものにしてしまいましょう。明るいライムグリーンやエメラルドグリーンには人間関係を良好にする効果があります。縁があってもその関係を良好に保つためにも明るいグリーンをお勧めします!

南の玄関-明るく暖かい南玄関には相性のいい緑をプラス-

リーフグリーンイメージ
日当たりのよい南玄関には太陽の光を浴びて育つ緑の色が相性抜群!明るいグリーンを合わせると運気が上がります。

南西の玄関-土を司る方位、土を連想させる色合いで運気UP-

茶色イメージ
南西は風水では裏鬼門と呼ばれ、神様が通るとされる神聖な方角です。茶色、オレンジなどが運気を上げてくれる色合いになります。

西の玄関-金運の玄関、出費を抑える色をプラス!-

白イメージ
西の玄関はお金の出入りのある運気です。出費を抑えるアイボリーや白をお勧めします。金運をもう少し上げたい方などは黄色やゴールドもおすすめですが、浪費が進む可能性があるので注意をしてください。

北西の玄関-仕事運の強い方角、運を引き寄せるカラーで開運!-

ベージュイメージ
仕事運の強い方角です。ベージュなどの運を引き寄せるカラーをお勧めしております。

お家のドアを変ええて運気も一緒に上がるなら一番ですよね!玄関ドアを決めるときに迷うこともあるかと思いますが上記のような風水に沿ってみたり、お好みの色にするのももちろん素敵だと思います。お家の顔と言われる玄関ですので是非納得できる色、形を探してみてください!

実際に変化を見てみよう

いつも見る玄関なのでやはり玄関ドアの交換は大きな気分の変化につながります。どのような変化があるのか、画像のドアの変化を見てみましょう。
※工事事例ではありません。

玄関参考1ビフォー
↑before
玄関参考1アフター
↑after
温かみのある木目の玄関ドアを赤のドアに変更してみました。ぬくもりのある雰囲気から一変して若々しい印象の玄関になりました。

玄関参考2ビフォー
↑before
玄関参考2アフター
↑after
こちらは茶色のシックな印象のドアをお家と同じ色見のドアに変更してみました。かっちりとした印象から少しかわいらしい印象に変わっているかと思います。

玄関参考3ビフォー
↑before
玄関参考3アフター
↑after
こちらもかっちりとした印象のドアです。変更後はぬくもりを感じられ家まわりの砂利の効果もあって少し和風の印象が入りました。

玄関参考4ビフォー
↑before
玄関参考4アフター
↑after
家全体を見ることは少ないかと思いますが大きく印象が変わっていることがわかります。明るい色を持ってくることでお家も少し明るく見えますね!

いかがでしょうか?ご自宅ではないとは言え、大きな変化ですよね。

まとめ

玄関ドアと一言で言っても今は多様なドアがありますので交換をするなら生活スタイルに合ったドアを調べてみてください。少し気になるところをリフォームするだけで気分が上がることは間違いありません!
玄関ドアを大胆に変えたい!でも自信がない方もいらっしゃるかと思います。ご相談ある方は無料で玄関ドアのみのシミュレーションもできますので是非お気軽にお問い合わせください。

株式会社リフォまるは、一流の職人が明瞭・適正価格で、お客様が実現したい暮らしを提供します。
外壁塗装・屋根塗装はもちろん、室内リフォームやお風呂の交換、玄関ドアの交換など、お家のことならなんでもリフォまるへご相談ください!