屋根・外壁を部分補修でメンテナンスした事例をご紹介!

埼玉県を中心に、外壁・屋根塗装から室内リフォームまで、お家のお悩みなら何でも解決する株式会社リフォまるです。

戸建ての劣化は、人知れず、知らず知らずのうちに進行しているものです。
ちょっとした外壁のヒビ、屋根の欠けや割れから雨水が入り込み、家の構造体に水が回ってしまうことシロアリが発生したり、雨漏りによる木材の腐食が進みます。

家の躯体の劣化は日々の生活の中で感じることはできないため、気づいたら家の躯体がボロボロだった…なんてことも。

では、外壁や屋根にヒビや欠損を見つけた時どう対応するべきか事例付きでご紹介します。

外壁や屋根にヒビ・割れを発見した、これって全面的なリフォームが必要なの?

ふと外壁に目をやるとヒビが入っていた、もしくは知らぬうちに屋根の軒天に雨染みが見つかった。

「今、屋根や外壁補修に100万円近く掛けるのは避けたいな」という場合もあると思います。
これらは全て全面的な改修が必要なのでしょうか?

結論から言うと、いずれは必要だけどそのタイミングまで部分補修で凌ぐことは可能です。
屋根材や外壁材には寿命があるので、一定のタイミングで補修や塗装を行うことは必ず必要です。

ですが、多額の出費が掛かるので計画的に進めたいものですよね。
そんな時に、『全面補修は数年後に行うとして、そこまでの劣化スピードを抑えるために部分的な補修で一時凌ぎをすること』は十分可能なのです。

部分補修で凌ぐのはリスクが高いケースもあります。

例えば、既に屋内に雨漏りしていて屋根材が全面的に劣化していたり、多数の割れが見られる場合などは部分補修で凌ぐことは難しいです。
部分補修で一時しのぎをするべきか、全面補修をするべきかは現地調査を行うことで判断することができます。

戸建ての屋根・外壁部分補修を行った事例をご紹介

軒天の部分補修

こちらは屋根の軒天と破風板です。
軒天は雨樋から溢れた水が流れたり、破風から雨水が流れくるなど傷みが進みやすい箇所です。
このお宅では雨水がつたって軒天に水が溜まり腐食が進んでいる状態でした。
釘も抜けそうな状況です。
このまま放置してしまうと軒天が崩れ落ちてしまう可能性があります。

軒天のベニヤを剥がしてみたところ中の木材は腐食していなかったため、ケイカル板を張り替える部分補修を行いました。

こちらがベニヤを剥がした中の様子です。
中の木材は腐食が進んでいないことが分かります。

こちらがケイカル板を張り替え工事を行った後の写真です。

軒天張り替え工事費

30,000円〜

波板の張り替え工事

こちらのお宅では波板が完全に吹き飛んでしまっています。
その他の部分には特段急を要する箇所はなかったため、波板の張り替え工事のみ行いました。

こちらが波板張り替え工事完了後です。

こちらは雨樋です。
泥が溜まっており水が流れにくくなっていたのでサービスで雨樋の清掃も行いました。

波板張り替え工事費

60,000円〜70,000円(材料込み)
※平米によって価格は変動します。

ベランダ補修工事

ベランダの劣化が気になるので見てほしいとご相談いただき、現地調査を行いました。
トップコートが剥がれており、下のFRP樹脂が紫外線によって劣化していました。

まずFRPの層を作りなおし、
トップコートを塗って強度を上げる防水を行いました。

防水性の向上もさることながら見た目がとても綺麗に仕上がり、
新築時に戻ったようとお喜びいただきました。
ベランダは洗濯で毎日目にする箇所ですから、見た目の綺麗さも大切ですね。

ベランダFRP防水工事費

90,000円

外壁クラック補修工事

こちらは外壁材で使用しているパワーボードにクラックが見られました。
ボードを下から何枚も積み上げて施工していくのですが、
ボードが重なるところなど特定箇所に負荷が掛かります。

その負荷が掛かる箇所が地震によって割れてしまったと考えられます。
放置しておくと水が入り込み、パワーボードは水に弱いためじきにボロボロになってしまいます。

ヒビの入った部分を削り、プライマーを塗布していきます。
プライマーは接着剤の役割をはたします。

プライマーを塗布した後、パワーボードの粉を水で練ったもので補修していきます。

こちらがパワーボードのクラック補修完了後です。
もちろんサイディング、モルタルなど他の外壁材でも同様に部分補修工事が可能です。

外壁クラック補修工事(1箇所)

10,000円

部分的補修が可能かまずはお調べいたします!

外壁や屋根、雨樋などどんな箇所でも構いません。
「おかしいな、補修しないとまずいかも」
そう思われた場合は、リフォまるまでご連絡ください!
長年のリフォーム経験で培った知識をもとに現地調査を行わせていただきます。

お客様がお望みの場合、出来るだけ部分補修で対応する方法をご提案します。
長期的のご自宅をメンテナンスしていく計画についても一緒に考えていきましょう。

リフォまるの部分補修サービスについてはこちらをご覧ください。