防水工事

皆様こんにちは。
埼玉県さいたま市に拠点を置く、リフォーム会社の株式会社リフォまるです。
今回は防水工事の工事実例をご紹介します。

防水工事には
・シート防水
・FRP防水
・ウレタン防水
の3種類があります。

今回行った工法はウレタン防水通気緩衝工法と呼ばれるものです。
ウレタン防水通気緩衝工法
参照:株式会社ダイフレックス

雨漏りに対応できる防水ということで施工の写真を見ながら説明していきます。

作業前は綺麗に洗浄をしていきます。
洗浄
洗浄後

①古いコンクリートの目地材を撤去していきます。
このままにしていると密着が悪くなってしまうのでこちらは丁寧に撤去していきます。
目地材撤去

②モルタルで塞がれていたので通気ができる下地にしていきます。
通気下地作り

③こちらはモルタルを撤去した後です。綺麗になりました。
目地材撤去後

④目地部分にメッシュを敷いていきます。
メッシュ敷

⑤古いコンクリートの目地を撤去しメッシュを引いた部分にシーリング材を塗っていきます。
下地がむき出しになっているため、工事中雨が降った時に雨水が入らないように仮防水という目的もあります。
シーリング材塗布

⑥脱気筒の設置の準備です。
脱気筒の設置準備

⑦この脱気筒から水分は外に逃げていきます。
脱気筒

⑧接着剤を塗っていきます。
接着剤塗り

⑨自着シートを貼ります。
自着シート貼り

⑩シートの継ぎ目にジョイントテープを貼り付けていきます。
ジョイントテープでの防水

⑪シートを貼り終わりました。
自着シート貼り完成

⑫自着シートの上にウレタン防水材の1層目を塗っていきます。
※メッシュ補強布をしていませんがメッシュがなくても大丈夫なエバーコート01H(画像の緑の塗料)というウレタンを使っているのでメッシュ補強布は使用していません。
ウレタン1層目

⑬2層目を塗っていきます。
ウレタン2層目

⑭トップコートを塗って完成です。
トップコート塗り

このように弊社では防水工事も得意としております。
防水工事でお困りの方はぜひ株式会社リフォまるへお問い合わせ下さい。